人妻の恋愛

複数恋愛から抜け出して見つけたモノ・・・

職場の危険な情事(17)

ついに迎えた○○さんの結婚式

喜びも悲しみもゴチャ混ぜ
そんな感覚に陥った日でした

詳しくはカテゴリーの『職場の彼』シリーズをご覧下さい
前回の記事は『職場の危険な情事(16)』になります


私は二次会から出席することになっていたので
先輩と近くの駅で待ち合わせ
会場へ着くと見慣れた職場の人達がいました

男性はキリリっとしたスーツ姿
女性は華やかなワンピースや和装
もちろんセナもドレスアップ♪
普段はジーンズだからヘンな感じだったけどね

「スカートなんて歩きにくいわ〜」


同じく先輩も違和感あるようで履きなれないヒールで
ペンギン歩きのようになっていましたo(>▽<)o

会場内へ入ると薄暗く各テーブルに蝋燭が灯してあって
なんともロマンティックな雰囲気.:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・:*

受付で貰ったミニ冊子を手に取ると
○○さんと新婦のKちゃんの馴れ初めや誓いの言葉など
友人からのお祝いメッセージなどが載せられていました

今まで知らなかった二人の経緯が飛び込んでくる
そして○○さんのお人柄が良くわかるものでもありました
学生の頃は女っ気がなかった(寄せ付けない雰囲気)とか
合気道をやっていたとか硬派だとか・・・

少しフクザツな気分に浸っていると
急に会場が暗転してスライドショーが始まりました

好きなアーティストのメロディにのせて
幼少時代から青年時代へ
現在の○○さんの隣にはKちゃんが居て幸せそうな写真

” おめでとう!幸せになってください ”

何度も心の中で呟きながら

” 私・・この人を本当に好きだったんだ ”

改めて自覚したのかもしれない

じわじわと目頭が熱くなっていた
もう過去のコト
吹っ切れてもいる
ただ少しセンチな自分になっているだけ

スライドショーが終わったと同時にキャンドルサービスが始まって
私の前に丁度そのキャンドルがあったので○○さんが横へ来ました

「おめでとうございます」


「有難うございます」


お互いニッコリ微笑みながら目を合わせることができた

” 好きだった人のお祝いの席には出ないほうがいい ”
そんな気持ちを知ったのは初めてだったけれど
私は出席して良かったと思ってる

○○さんとまだギクシャクする前に言われた言葉がよぎる
「拗れた関係になるのは嫌なんです」と・・・
逃げずに向き合おうとしてくれたことに今は感謝したい

来年パパになる彼
子供の写真を見せてもらう日もあるかもしれませんネ

人気blogランキング不倫ノートブック恋愛ブログ

職場の危険な情事(16)

チャンスは突然やってくる
願えば叶うっていうのも まんざらでもなく
不思議な力が働いているコトに実感する今日このごろ

詳しくはカテゴリーの『職場の彼』シリーズをご覧下さい
前回の記事は『職場の危険な情事(14)』になります


” ご結婚おめでとうございます ”

その一言が言いたくて 機会を逃すまいと待ち続けた結果
ようやく!なんとか!ぎくしゃくしながらでしたけど言えました!

自分よがりな考えかもしれないけれど
きっと言えたら○○さんの心も軽くなるはず
だからきちんと向き合いたいと思ったのです

いつものように先輩と屋上へあがって休憩(^。^)y-.。o○
珍しく誰もいない日は秘密の会話をするのが楽しみだったりする

と・・・そこへ突然現れた○○さん\(◎o◎)/!キャッ

至近距離で接するのはアノ時以来
(詳しくは『職場の危険な情事(3)』をご覧下さい)


「おつかれさまです〜」


軽く会釈しながらにこやかに接してくれる

そこでチャンスだと思った
今ここで!この瞬間にお祝いの言葉を言うべきだと!!

「○○さん ご結婚おめでとうございます」


やっと言えたぁ〜〜〜!(≧◇≦)

「あ・・いやぁ〜どうもありがとうございます」


ちょっとテレながら頭に手を置く
・・・そういうのが新鮮で・・・
なんて浸ってたら先輩が ” 先に行くね♪ ” とスタスタと去って行きました

(゜ロ゜;)エェッーー?!
○○さんと二人きり〜〜〜〜!(滝汗

何か話さなければっ!と思った時でした

「アノ時は色々あって・・・その・・上手く話すことができなくて・・・」


「え・・?あ・・っと・・それは・・・」


「僕みたいなヘボ野郎のことを想ってくれて嬉しかったです」


正直びっくりした(@_@;)
約2年前の出来事を昨日のコトのように話し出すので
本当に・・とてもとても驚いて頭の中が真っ白になった

「そんなヘボだなんて・・ご迷惑かけてすみませんでした」


「いえ・・そうじゃないんです
 なんて言うか懸命に想ってくれていたんだなぁって・・・
 もっと早く話したかったんですけど
 気まずい思いをされているんじゃないかと声かけずらかったんです」


○○さんも気まずい思いをしていたの?!
いつも涼し気で颯爽としてて
でも仕事の時はきちんと接してくれるからよくわからなくて
もしかしてお互いうやむやにしていただけだった?

「ほんとにもうゴメンナサイしか言えないですm(__)m」


「マジで嬉しかったんですよ」


穴があれば潜ってしまいたかった
○○さんは何を考えているのか?何を伝えようとしているのか?

「あの!二次会は出席しますので」


「来てくれるんですか?」


「先輩と一緒に行きます」


「こういうの自分から誘えない(幹事が段取りする)し
 誘っても来てくれないと思っていたんですけど有難うございます!」


やっぱり気にしてたんだなぁ(/_<。)

同じ職場だし互いの姿を見ない日なんてナイわけで
私と同じように心を痛めていたのかもしれない

「ところでKちゃんがお嫁さんだなんて驚きましたよ」


「いつの間にか?みたいな感じで(苦笑)
 来年には子供も生まれるし」


「えぇ?!子供って・・○○さんがパパに!?」


これまたBIGニュース!!(もう心臓に悪いからぁ〜(;^_^A アセアセ)

「まだ先かなって思ってたんですけど
 こんな僕でも授からせてくれるんだなって」


「○○さんは子供好きだし良かったじゃないですか♪」


手に汗握る会話は約10分程
だけど1時間にも2時間にも思え家に着くまで緊張しぱなしでした
冷たいお水をグッと飲み干して落ち着く(´▽`) ホッ

これで良かったんだよね?
お互いの中にあった ” シコリ ” は取れたと思っていい?

これからはもっと気さくに話せるようになっていければいいな・・・

人気blogランキング不倫ノートブック恋愛ブログ

職場の危険な情事(15)

「姉さん!事件です!」(←古っっ)

と・・これくらい叫びたい今日このごろ

何事かと申しますと
去年退職された方が遊びに来てくれたのですが
その時に大きな箱に入った菓子折りを頂きました

そのお菓子は知る人と知る お煎餅
たぶん1度くらいは食べたことある人が多いんじゃないかと・・・

「あ〜!これ知ってる!
 塩味が効いててすっごく美味しいのよねー♪」


先輩も知っていたようで二人して興奮状態(≧▽≦*)

「セナさん♪適当に分けておいてネ」


その場でササッと分けてしまえば起きなかった事件
のちに後悔するとは思いもせず・・・

その日はとても仕事が忙しく大幅残業でグッタリの私は
お煎餅の存在をすっかり忘れて帰宅

次の日
午後から出勤すると昨日の箱(煎餅)が無い( ̄△ ̄;)アレ・・?

≪どこかへ移したのかな?
 きっと(昨日)夜勤だった先輩が別の場所へ置いたんだ≫

勝手な解釈で何の疑いも持たず普通に仕事して過ごしました
翌日 休み明け出勤の先輩に聞いてみる

「どこかに置いてあるんですか?」


「え?!私じゃないけど・・・無いの?」


ここで事件発覚!

楽しみにしていた お煎餅が無い!!
豹変してでも煎餅魂に燃える女が二人(笑)

そして推理が始まった

前日の夜から翌日の昼までの間
わずか十数時間という短い時間内で消えた
犯人は極限られた人であることから
目星はついてはいるものの証拠がナイ

先輩は一心不乱に思い当たる人にメールしたり聞き込みしたり
恥を捨てたその姿はもう痛々しい(><)
たかが煎餅されど煎餅
それでも今の先輩にとっては愛しい煎餅(笑)

だんだん可哀相になってきたので
私も上司に聞いてみますが ” 知らないなぁ ” の一点張り

「残念ですが諦めましょう
 だけど先輩の聞き込みは脱帽ものでしたし讃えますよ!」


「ありがとう〜!
 犯人は××さんということにしておくワ(笑)」


××さんは最初からアヤシイと目をつけていた人
先輩的には そうでも思わなければ やり過ごせなかったのでしょうね

あ〜〜〜だけど食べたかったなぁ(←食い意地張りすぎ?)
百貨店に行けば買えるのはわかっているのですが
そこまでして食べたいとは思わないし・・・

犯人!許せませんっっ(-_-メ)

人気blogランキング不倫ノートブック恋愛ブログ

職場の危険な情事(14)

なんと!
○○さんの結婚式の二次会に御招待されました

詳しくはカテゴリーの『職場の彼』シリーズをご覧下さい
前回の記事は『職場の危険な情事(9)』になります


結婚式をする話は聞いていたのですが
まさかの予想外でした(@_@;)

お知らせのハガキを見つめながら思う
≪私が行ってもいいの?・・・かな??≫
○○さんは明るい未来に向かって歩き出しているんだもの
いい加減気にするのはやめなきゃね(><)

セナの部署からは代表としてキタさんが結婚式に出席
そして事務メンバーの中から私と先輩が二次会へ

「もちろん行くでしょう?」


アノ出来事を何も知らない先輩
決定権を握っているので参加することに決定(^^;)

「ねぇ〜どんな服装で行く〜?」


「ジーンズじゃなければ何でもいいんじゃないですか?」


「パーティーみたいな感じらしいし〜どうしようかなぁ」


のん気に構えている先輩を横に
セナの心境はちょっぴり複雑なのでした

結婚式まで約一ヶ月
一言「おめでとうございます」くらいは言えたらなぁ
そうすれば気まずい思いも落ち着くのですが・・・
なんとかチャンスを見つけなければっ

人気blogランキング不倫ノートブック恋愛ブログ

職場の危険な情事(13)

きっと今の仕事をしていなかったら
罵声を浴びせられることなんてなかったと思う
納得してるのに この仕事を選んでいるのは やっぱり好きだから
だけど周りの人達に支えられていること
ブログという自分だけの場所があることへの感謝は忘れていない

今日は愚痴日記です

事柄は2日前ですが今朝起きてからも辛くて
こうしてブログに綴ることに決めました
あまり読んでいて気持ちいいものではないので
嫌な気分になりたくない方はスルーしてくださいね

先日 仕事中に起こった出来事
それは一本の電話から始まりました

「オマエの会社! どうなってるねんっ!!」


半年に1回くらいの確率で当たってしまうのですが
キレて掛けてくるお客様

クレームが悪いと言ってるわけじゃない

事情を話さず耳を傾けない
客としてのモラルも常識もナイ行為(と思ってます)

「申し訳ありませんが ご事情お伺いしてもよろしいでしょうか?」


この一言を出すのも実は怖かったりする
どうやら煽ってしまうらしい
もしヒートアップさせた場合

「さっきからオマエは何を聞いてるんやっ!耳遠いんかっ!!」


人権侵害にも当たる言葉を投げつけられる
これは言われた人にしかワカラナイでしょうが
本当に・・・マジで・・・髪が真っ白になりそうなくらいキツイです

一方的に怒鳴って(本人は事情を言ってるのかもしれないが)
こちらには何も伝わって来ないのが現状

今回はヒートアップせず事情は聞き出せたけれど
バケツの水をひっくり返したような勢いで怒鳴ってくる

” オマエのとこの・・・!”
” オマエらは・・・!”
そんな言い方で関係ない事柄までに及ぶ

そうして ひたすら謝り続け
延々と罵声を浴びせられていくうちに私は黙り込んでしまった

謝る意外何もできなくて それでも許そうとしない行為は
逃げ場さえも失われてしまうから・・・

そこでやっと我に返る客(これもパターン化してる)

言いくるめてやったとでも思っているのか?
それとも良心の呵責から言い過ぎたと思ったのか?

「もういいわ」


最後に住所と名前と電話番号を聞いた時でした
その人は元職員だった
1年間 仕事してきた仲間

真面目に取り組み
若いのに気を配りながら周りの状況を考える姿
気さくに話していたのを思い出すと信じられなかった

当時の私は会社に馴染むのに必死で判っていなかったけれど
その人は精神的に弱く苛められる対象になりやすかったことを知りました
退職した原因もそこにあったと・・・

精神的な苦痛を知っていたのに・・どうして・・・?
自分より更に弱い者を叩こうとする気持ち
私には理解できない

強い者に対しては何も言わない
自分より弱い者へだけに与えようとする
その心理を知っていて行動している人間は最も最低だと思う

「上の者(上司)から対応させて頂きます」


このように提案した場合
” これはクレームである ” と理解している客なら了承する

しかしながら その人は・・・

「代わってもらわなくていい」


拒否した
そしてまた罵声を浴びせる人間と化していった

全てが終わったあと
泣きそうになったいた私を見ていたキタさんが食事に誘ってくれました

「酷いヤツやなぁ!」


励ましてくれてるんだな・・と思うと嬉しかった

人気blogランキング不倫ノートブック恋愛ブログ

 | HOME |  »

Appendix

セナ

セナ

◆自分の存在や生き方を見つめたい…様々な思いを抱きながら複数恋愛に陥り、そして脱却。家庭を守る中、婚外恋愛に「本気の恋」「真実の愛」を見つけたいと日々送る
◆コメントは大歓迎ですが、ブログの内容から賛否両論と思われます。よって気分を害することも多々アリ。共感できない方のコメントはお控えくださるようお願い致します。尚、中傷スパムと判断した場合、即削除しますのでご了承ください
◆文字サイズ「小」推奨。記事はカテゴリー別にご覧頂くと判りやすいと思います
◆メールフォームを設置しています。誰にも言えない秘密の恋話を打ち明けてみませんか?セナ的ご意見で良ければ承ります。お気軽にどうぞ♪(プライバシー厳守致します)
◆携帯モバイル閲覧はこちら


----------------------
心に癒しの音楽を・・・
ぜひ聴いてみてくださいネ

?『evening star』
ピアノインストゥルメンタル


-----------------------
?『evening sun』
一人じゃないと感じたの
あなたがいてくれたからだね


Powered by SHINOBI.JP








お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse
利用規約

Recent Entries

Categories

Recent Comments

Monthly